千葉での電力自由化

CALENDAR

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

WHAT'S NEW

千葉での電力自由化

千葉の電力事情 千葉の電力は、京成が電気鉄道を走らせるに当たって設立した電灯会社が後に、現在の東京電力に売…

MORE

千葉で電力会社を選ぶ時にお得な方法

色々な割引プラン 2016年4月に電力自由化がスタートしました。日本に住む人々は、使用している電気の供給先…

MORE

千葉の電力事情

千葉の電力は、京成が電気鉄道を走らせるに当たって設立した電灯会社が後に、現在の東京電力に売却され、広く県内全域に電力供給をスタートさせて2016年に至りました。それまでは東京電力からしか電気を買えなかったわけですが、この年を機に利用できる新電力会社が20社近くになり、現在では40社を超えるまでに増えています。これだけ選択肢が豊富になると、どこにしようか迷いが生ずるのも当然です。
世の中には新しいことにすぐ飛びつくタイプの人もいれば、既にある秩序を好み、むやみに現状を変えることを拒む、慎重タイプの人もいます。今まで東電で来ているのだから、このまま東電でいいじゃないかと考えるのが、典型的な後者タイプです。どちらかといえば電力に関して、後者タイプが多いのが千葉の電力事情です。
しかし、ある比較シミュレーションによれば、平均的な3人世帯家族が東電を使い続けた場合と、新電力に乗り換えた場合を計算すると、年間1万円近く新電力の方が電気代が安くなるとの試算が出ています。こうした事実を知れば、保守的な現状肯定派の方々にも、新電力の存在理由がお分かりになるのではないでしょうか。まずはネット上から利用状況に合わせて、シミュレーションすることは、決して時間の無駄にならないと思います。

千葉での電力サービス

千葉でも、平成28年4月からの電力自由化を受けて、新たな電力会社が設立されました。しかし、新たな電力会社が設立されたり、電力自由化によって、何がどのように変化するのか、具体的に千葉県民にとってどうなっていくのでしょうか。
そのメリットとしては、電気料金が安価になること、まずこれが挙げられることでしょう。電気料金が安くなることに怪訝な反応をする人はまずいません。電気料金を安価にするためには、電力会社を乗り換えたり、電力会社のサービスに着目すべきです。電気料金が安価になるにしても、その手続きが煩雑と感じたり、面倒だと思っている人もいることだと思います。
従来は、その地域に加入しなければならない電力会社は選択の余地がなく、一つの電力会社の利用を余儀なくされていました。そのために電力会社について深く考えるような機会は僅少でした。
引っ越した場合であっても、当該地域に属する電力会社への加入を自ずとされていたので、どこの電力会社にするかを考える人はいなかったことでしょう。しかし、携帯電話の加入会社を自由に選べるにも関わらず、電力会社は自由に選べなかったのはおかしいですよね?電力自由化によって、それも解消されたのです。

Copyright(C)2017 千葉の電力会は最安値を誇り割引サービスの評判が高い All Rights Reserved.